子どもの防災を考える地域のネットワーク

「つながり」を鍵に、子ども・子育て家庭を守るための多角的な啓発活動を実施

昭和51年に東海地震説が発表されて以来、40年以上が経過しました。近年、国内外では様々な地震災害が発生し、 平成7年1月17日の阪神・淡路大震災は、6,400名余、また、平成23年3月11日の東日本大震災ではおよそ1万9,000人もの尊い命を奪う大災害となり、甚大な被害とともに多くの教訓を残しました。

災害が起きたとき、自分の身は自分で守ることが鉄則です。ところが、地域には災害時に自力で避難することが困難な人々、例えば高齢者、障がい者、乳幼児、妊婦、難病患者、日本語が不自由な外国人等も多数暮らしています。このような人たち(災害時要配慮者)にとって、いざというときに頼ることができるのは自分の住んでいる地域の人々です。近年の大規模災害などの経験談から、 実際の現場では地域とのつながりによる「お互い様」の意識を持ち、助け合うことの重要性が再確認されました。地域ネットワークの構築がいざという時に大きく役立つのです。

私たちは、地域とのつながりを大切にしながら、災害時身近なものを使っていかに身を守るかなど、いざという時の知恵を多くの方に知っていただくための活動をしています。災害に強いまちづくりにも寄与するべく、この事業を進めていきます。

子どもの防災を考える地域のネットワーク

ぴっぴの取り組み

子どもを守る防災ワークショップ「ぼうさいぴっぴ」の実施

子どもから大人まで誰もがすぐに理解でき、興味を持って主体的に参加できる防災訓練プログラムを実施しています。ワークショップやものづくり・ゲーム等を通して自ら防災を考えます。
また、オリジナルの教材・グッズも開発しています。

つながる支援パックプロジェクト

災害時の乳児家庭に必要な支援物資を、“子どもがいます。いざという時助けてください” “アレルギーがあります” のロゴが入ったバッグにまとめて入れ、支援が必要な人に届く仕組みづくりを考えます。

講座・講演

「いかに自分の命を守るか」そして「子ども、妊婦、高齢者など、災害時要配慮となり得る人々をいかに守るか」をテーマに、実践的な講話をします。ワークショップと組み合わせて実施することもできます。

ブログでの情報発信

子育て世代に向けた防災情報に特化したブログです。防災に関する最新の話題、防災グッズや書籍の紹介、防災講座やプロジェクトの紹介、東日本大震災被災地復興応援情報(私たちは忘れない3.11)など、さまざまな角度から継続的に発信しています。

これまでの主な実績

TOP