子育て世代の女性特有がん 検診受診率向上プロジェクト

このプロジェクトについて

がんプロ

近年、晩婚化、出産の高齢化に伴い、40歳以上でもまだ子どもが小さいという母親が増えていることや浜松市はメーカーなど大企業が多く転入者が多いため、 「子どもの預け先がない」「情報がない」など様々なハードルがあることから、検診を受けられないまま放置している女性が潜在的にかなりの数にのぼることが 考えられます。気づけば末期がんだったために子どもたちや家族に悲しい思いをさせてしまったというケースもあります。

私たちは乳がん検診などの定期的な受診の必要性を子育て中の女性に訴え、ハードルとして考えられる要因を取り除くために、託児つきの乳がん・子宮がん検診の試みや、正しい検査の情報提供(例えば、マンモグラフィーへの恐怖心を減らす情報)をしていきます。

浜松市内のがん検診情報(乳がん・子宮がん)

浜松市内で乳がん検診(触診とマンモグラフィ)を受けられる医療機関の紹介、健診助成制度等のご案内です。

検診実施医療機関MAP

乳がん、子宮がん検診の受けられる医療機関を地図で確認できます。

女性特有がん検診Q&A

乳がん・子宮頸がん検診についてよくある質問をQ&A形式でまとめました。

支援および協力体制

このプロジェクトは、行政、医療機関、民間事業者がそれぞれの立場から協力のもと実施されています。

医療機関・医療従事者 聖隷浜松病院 乳腺科部長 吉田雅行氏
渡辺医院(浜松オンコロジーセンター)院長 渡辺 亨氏
患者や市民の団体 一般社団法人ピア 佐藤 真琴氏
NPO法人がん情報局
研究者や専門家 浜松医科大学 産婦人科学教室 金山 尚裕教授
行政 浜松市

※ その他 支援・協力いただける方はご連絡お待ちしています。

事業記録

取り組みの様子を運営ブログでお知らせしています。

お問い合わせ

NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ
電話:053-457-3418

TOP