指定管理

ネットワークと提案力を活かし、市民のニーズに応える管理運営

指定管理事業制度とは、多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公共施設の管理運営を民間事業者等(指定管理者)にゆだねる制度です。

ぴっぴは平成21年度より、地域の子育てにおける中間支援の拠点「浜松市子育て情報センター」の指定管理者として、施設の管理運営および付帯事業を実施しています。当事者視点を活かした事業運営スキル、そして行政・教育機関・企業・地域とのネットワークにより培った企画力・情報発信力を活かし、今後も住民ニーズに応え、地域の子育て環境をより良くするための提案を行っていきます。

ネットワークと提案力を活かし、市民のニーズに応える管理運営

ぴっぴの取り組み

浜松市子育て情報センター指定管理者

子育て情報センターは、NPO、子育て関連ボランティアなどの支援者と連携を図り、様々な子育て支援に関する事業の展開と子育て情報の収集や発信を行う施設です。浜松市ファミリー・サポート・センターの事務局も館内にあります。

事業内容

施設管理・貸館業務

浜松市子育て情報センターの研修室・会議室等の施設は、市民の団体活動の場、また一般企業の会議・研修の場として貸出を行っています。利用には登録が必要です。

子育てに関する情報の収集及び提供

行政、施設、企業、大学、団体などと連携をとりながら、子育てに関する様々な情報を主に子育て中の当事者に向けて発信しています。「浜松市子育て情報サイトぴっぴ」は、浜松市と、認定NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴとの市民協働によって運営しています。

市民による子育ての相互援助活動の促進及び支援

ファミリー・サポート・センターは、子育てを援助してほしい人と、援助したい人が、お互い会員になって助けあう仕組みです。
事務局では、新規会員登録の受付、おねがい会員からの依頼により援助活動を行う「まかせて会員」とのマッチングや、安全にサポートを実施するための講習の開催等を行っています。文章が入ります。

子育て教室等の講習会の企画及び実施

浜松市子育て情報センターでは「父親と母親のための子育て教室」を年間数回開催しています。毎回固有のテーマを設け、参加者が主体的に参画できるワークショップ・交流会などを通し、子育てについて学びながら仲間づくりもできるプログラムを実施します。

子育て支援団体・育児サークル等の活動支援

子育てサークルは、子育て中の親同士の相互交流を目的とした非営利のグループ活動です。これら子育てサークルが活発に活動を続けられるよう支援することは、地域の子育て環境を維持する上で重要です。子育て情報センターでは、サークル情報の集約と情報発信、立ち上げや運営に関する相談、代表者交流会などを実施しています。

子育てに関する啓発活動

浜松市の子育て環境の向上を図るための拠点として、子育てに関する情報を、当事者・支援者のみならず、広く市民や事業者へ周知し、意識啓発につながる働きかけをしています。
視察・見学等を希望される場合は、お問い合わせください。

子育て支援に関するネットワークの構築

安心して子育てができる環境の実現や、市民協働による子育て支援の推進に向け、官民を含めた各団体の相互連携づくりを進めています。

TOP