「ぴっぴシッター」立ち上げ

「ぴっぴシッター」立ち上げ

「ぴっぴシッター」立ち上げ

「ぴっぴシッター」立ち上げ

「ぴっぴシッター」立ち上げ

事業のきっかけとなった“気づき”

保育士・幼稚園教諭などの有資格者が、結婚や出産を機に退職してしまうケースは多いです。また、いったん退職してしまうと、離職中のブランクから、なかなか職場復帰する自信がなくなるケースが多いという話を聞きます。せっかく資格や経験があるのに、ちょっと自信がないだけで社会で活躍できないのはもったいないということで、有資格者や子育て支援経験者を中心とする託児者集団を養成し、これをステップにして社会復帰してもらいたいと願い、高い能力を持ちながら埋もれている人材を発掘するプロジェクトが始動しました。

こんなことを実施しました

大切なお子さんを預かるために必要な心構えや、基礎知識、お子さんの保護者とのコミュニケーションなど、全10回、22時間以上の養成講座を行いました。

これからに向けて

2011年度には、第2期の養成講座を開催し、メンバーが増えました。
養成講座修了後は、受講した人たちで新しいグループ『ぴっぴシッター』を立ち上げ、浜松市及び周辺地域から依頼される託児の現場に行き、託児者として活躍しています。また、託児についての、あるいは、保育に必要な知識の講師としても活躍しています。
養成講座修了後も、年数回の学習会を開催し、「より安全で安心な託児」を目指して、スキルアップに力を入れています。年間のべ約1,000人ものお子さんを預かる実績と、スキルアップの成果から、依頼された方たちに「安心して子どもを預けられました」という感想を多数いただいています。
これらの実績を土台に、2014年度からは、NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴから独立し、さらに活動の場を広げています。

実施期間

2009年5月(第1期。ぴっぴシッター設立は、2009年6月)。第2期は、2011年5月(第2期生の活動は、2011年6月から開始)

事業形態

自主事業

事業の記録

TOP