幼児保育基礎科

幼児保育基礎科

幼児保育基礎科

幼児保育基礎科

幼児保育基礎科

事業のきっかけとなった“気づき”

待機児童の解消が強く求められています。そこで、保育士または幼稚園教諭の資格を有する方で復職を目指す方、保育ママ及び保育園、幼稚園等の幼児保育関連の事務職として就職を目指す方を対象にした講座を実施して保育士や幼稚園教諭の掘り起こしを行い、現況にあった教育訓練のもと再就職を目指しました。

こんなことを実施しました

受講者は現在の幼児教育・保育にマッチした子どもの心と体、コミュニケーション技術について3か月にわたって学習しました。実技講習では最新のリトミック、ピアノ指導法や絵画、壁面制作を学び、また保育書類等作成技術として、コンピュータ技術も習得しました。23名が受講し、うち18名が最終修了証を取得しま した。

これからに向けて

修了者の中には、かねてから希望していた幼稚園教諭として就職を果たした者もいました。
ですが、待機児童が多い状況にもかかわらず、雇用側の求人条件としてはなるべく若く人件費が低くて済む求人が多かったため、修了後の雇用マッチングがうまくいかない状況が多々あったことが残念です。

実施期間

2010年6月~2011年1月

事業形態

厚生労働省緊急人材育成支援事業

事業記録

TOP