転入子育てファミリー応援サイト ようコソ浜松!!

転入子育てファミリー応援サイト ようコソ浜松!!

転入子育てファミリー応援サイト ようコソ浜松!!

転入子育てファミリー応援サイト ようコソ浜松!!

転入子育てファミリー応援サイト ようコソ浜松!!

事業のきっかけとなった“気づき”

製造業を中心とした大企業が多く、転入者が多い浜松のまち(人口82万人のうち1.8万人:平成21年浜松市調べ)。ですが、転入してくる子育て家庭をサポートするための情報サイトは、それまでありませんでした。そこで、浜松市への転入前から必要な情報を手に入れ、不安無く快適に転入後の子育て生活を送れるよう、わかりやすく役立つ情報提供を行い、「子育てしやすいまち」としての浜松の魅力を全国にアピールしようと企画しました。

こんなことを実施しました

リサーチ・準備期間を経て、ホームページ「転入子育てファミリー応援サイト ようコソ浜松!!」を公開しました。その内容は、転入前後に必要な手続きなどの基礎情報、浜松市の子育てサービスなどに関する実用情報、浜松市と周辺地域の観光プロモーション的情報、さらに時節の話題や地域の人物インタビューなどの読み物ページも取り入れた構成としました。同時に、ツイッターや「ぴーこむ」といったSNSを活用し、転入者がさまざまな手法でつながりあえるよう配慮し、サイト内でリアルの交流の場「転入ファミリー交流会」の告知も行っていくなど、転入者同士の交流のきっかけとなることに努めました。
ホームページ公開当初から3年後までに年間訪問者数を3倍以上に伸ばすなど、順調に読者を増やしました。2014年の「浜松市子育て情報サイトぴっぴ」リニューアルオープンに際して転入者のためのページを設けて情報を合併し、単独ホームページとしての「ようコソ浜松!!」は閉鎖しました。

これからに向けて

経済情勢の変化に伴って人口移動の情勢も変わり、浜松市への転入者は減少傾向にあり、2012年以降は転出超過となりました。それでもなお、子育て家庭が現在も浜松市に転入してきています。彼らが浜松市での子育て生活を楽しみ、暮らしに魅力を感じ、永住を志望するようになれば、浜松市はいっそう子育てしやすく豊かなまちになるでしょう。
インターネット上の情報交流のあり方は今後も刻々と変化していくことでしょうが、子育て世代の転入者はそうした情報の海を泳ぐことに長けた層であると言えます。彼らのアンテナに届く情報発信を、引き続き行っていきます。

実施期間

2011年4月~2014年3月(サイト公開期間)

事業形態

子育て支援者のための人材育成講座事業
自主事業(2011~2014)

事業記録

TOP