子ども・子育て支援新制度研究会(ココ研)

子ども・子育て支援新制度研究会(ココ研)

子ども・子育て支援新制度研究会(ココ研)

子ども・子育て支援新制度研究会(ココ研)

子ども・子育て支援新制度研究会(ココ研)

事業のきっかけとなった“気づき”

ココ研

子ども・子育て支援新制度研究会(ココ研)は、2015(平成27)年4月から実施される「子ども・子育て支援新制度」について学びながら、これからの子育て支援はどうあるべきかを考え、さまざまな立場の支援者同士がつながるきっかけをつくること、そして地域の特性に合った制度を実現するために、自分たち にできる役割を考えていくことを目的として、2013(平成25)年度から始めました。
「子ども・子育て支援新制度とは、何か?」
「浜松市の子育て支援の現状と課題は?」
「私たちにできることは何?」
そんな疑問を皆で一緒に解決していくためのプロジェクトとしてスタートしました。

こんなことを実施しました

保育園・幼稚園などの専門家、子育て支援をしている人、子育て中の当事者が一堂に集まる「勉強会」を全7回開催しました。
1年目は、県内の保育士・幼稚園教諭、行政担当者、企業の担当者など支援する側を、2年目は、子育ての当事者を中心に開催しました。これまでは、保育士は保育士だけで、幼稚園教諭は幼稚園教諭だけでという学習会がそれぞれの部署で開催されていたようですが、専門性の壁、業界の壁を払いのけ、いろいろな分野の人が集まり、当事者をも交えて勉強会を行ったのは、「ココ研勉強会」ならではの実施でした。
また、その状況は随時「どうなっていくの?私たちのこれからの子育て~ココ研NEWS」として、ニュースレターを発行し、「ココ研」のサイトを作成し、勉強会に参加できなかった方たちにも広く情報公開しました。

ココ研NEWS
ニュースレター「ココ研NEWS」を、PDF形式でご覧になれます。

これからに向けて

2015(平成27)年4月から浜松市では、「浜松市子ども・若者支援プラン」という新制度による体制となりました。このプランの中でも唱えられている通り、制度ができたから終わりというものではなく、今後もプランの評価と見直しをしていくことになります。私たちも浜松市の実態やニーズに沿った運営がされているかどうかを見守っていきます。

実施期間

2013年6月~2015年3月

事業形態

2013年度:静岡県子育て支援実践交流会実施業務委託
2014年度:静岡県子育て支援実践交流会事業 補助金

事業記録

TOP