NPO法人 はままつ子育てネットワーク ぴっぴ
ホーム 団体概要 事業紹介 イベント・お知らせ 運営ブログ 会員募集 お問い合わせ

防災ネットワーク事業「ぼうさいぴっぴ」

子どもを守るワークショップを開催しませんか?
ぼうさいぴっぴとは ワークショップ 講座 教材 モデルプランモデルプラン

これまでの取り組み

小さな子どものいる家庭や障がい児のいる家庭では防災訓練に出ることは難しく、災害時における情報を得るのは難しいため、2006年、社会福祉協議会、災害ボランティアコーディネーター、アレルギーや障がいのある子どもの親の会などと連携して、「子どもを守る防災ワークブック」を作成し、これを使って講座やワークショップを開催してきました。
このような視点での防災ワークショップはめずらしかったため、次第に口コミやWeb閲覧から全国各地から依頼を受けるようになりました。

2011年、東日本大震災が起きた半年後、私たちは、被災地を訪ね地元新聞社やNPO、当事者の人々に聞き取りを行いました。
また、被災地支援に行ったNGO、NPO、医師、保健師の人々にも聞き取りを行い、それを参考に2012年、「子どもを守る防災ワークブック」から「ぴっぴ家族の減災BOOK」に改訂を行いました。
現在、災害時要援護者に含まれる妊婦、乳幼児を持つ子育て家庭への減災対策、周囲への認知と啓発のために、これまでどおり講座やワークショップを行いながら地域と連携を図るネットワークづくりを行っています。

主な実績

2006年 「子どもを守る防災ワークブック」を作成(独立行政法人福祉医療機構 助成事業)、子育て世代のための防災出前講座を開始。
2008年 「ぴっぴのイザ!カエルキャラバン」(浜松市中区「がんばる地域の応援事業」)。
2009年 「ぴっぴのドキドキ!防災ゲーム」(内閣府・浜松市・防災推進協議会主催 防災フェア2009 in はままつ)。
2010年 長野県木曽郡木曽町福島「きそふくしま防災まつり2010」参加
浜松市立新津公民館 学習成果活用支援事業「子どもの防災力を高めるワークショップ」
2011年 第6回「全国まちづくりフォーラム」(内閣府主催)参加
長崎県諫早市真津山小学校PTA等 多数 ワークショップ実施
2012年 防災教育チャレンジプラン 実施
外国人のための防災フェア(浜松市外国人学習支援センター)参加等 ワークショップ多数実施
2013年 浜松市特別支援学校中学部・高等部 防災講座 実施
横須賀コミュニティ・子どものための防災 等 ワークショップ多数実施