【防災学習センター講座】新型コロナ感染時の組織の情報公開のあり方と誹謗中傷対策

【防災学習センター講座】新型コロナ感染時の組織の情報公開のあり方と誹謗中傷対策

2020年7月24日

 

移動制限が解除されて1か月、浜松市においても新型コロナウイルスの感染者が増加しつつあります。
誰もが感染する可能性のある新型コロナウイルスですが、会社や組織で感染者がでた場合の情報公開の方針を決めていますか?
感染者のプライバシーを守りながら組織への誹謗中傷にどう対応すればよいでしょうか。
コロナ禍において「新型コロナ対策支援カード」をいち早く開発・公開した弁護士・永野海氏から学びます。

オンライン受講も可能です。浜松市内はもちろん、全国からのお申込みをお待ちしております。

対象

行政や企業・組織関係者

講師

弁護士 永野 海 氏

開催日時

2020年8月25日(火) 18:00~19:30

開催場所

浜松市防災学習センター 3F講座室 (浜松市中区山下町192)
※オンライン受講も可能です。(ZOOM利用)

定員

講座室受講:20名
オンライン受講:200名

※オンライン受講の場合は、全国どこからでも受講可能です。

参加費

1,000円
※オンライン受講の場合の通信費はご負担ください。
※参加費徴収方法については、お申込み後に連絡いたします。

申込

浜松市防災学習センターホームページの申込みフォームよりお申込みください。
締切:8月18日(火)

新型コロナ感染時の組織の情報公開のあり方と誹謗中傷対策

お問い合わせ

浜松市防災学習センター「はま防~家」
電話:053-474-8555

TOP