減災を伝えるリーダー養成講座

減災を伝えるリーダー養成講座

減災を伝えるリーダー養成講座

減災を伝えるリーダー養成講座

減災を伝えるリーダー養成講座

事業のきっかけとなった“気づき”

子どもや子育て家庭を対象とした防災ワークショップでは、子ども向けのツールを使用することが大変効果的であることを踏まえ、ぴっぴは2015年に「減災が学べるトランプ」を開発・制作しました。これを十分に活用するには、基本的な防災知識を持ち、子どもと接する経験を有する進行者(ゲームリーダー)の存在が重要な鍵となります。そこで、トランプを使った指導法に特化した内容の講座を行い、この教材を十分に活用できる人材を育成しようと考えました。

こんなことを実施しました

より多くの市民、特に子育て家庭が平素から地域で防災への意識づけができるよう、「減災が学べるトランプ」を使って学びの場づくりができるリーダーを養成するため、講座と体験会を開催しました。

受講者として「子どもと触れ合う場を通して防災を伝えたい」という気持ちのある市民・学生を対象に、トランプゲームを通して防災を伝える手法を学んでもらいました。その上で学びを活かし、実践の場で子どもとふれあう機会(公開体験会)を設けました。
地域の人々が交流する中で災害時に助け合うことを考え、自らが防災の伝え手となってもらうことを主眼として実施しました。

減災を伝えるリーダー養成のための講座を2回開催

<第1回講座>「子どもに防災を伝えるときに知っておきたいこと」
日時:2017年10月7日(土) 会場:常葉大学 浜松キャンパス
<第2回講座> ワークショップ「遊びを通して減災を伝える人になる」
日時:2017年10月15日(日)10:00~12:00 会場:浜松市子育て情報センター

子どもたちのための体験会の場を通し、学びを実践に活かす

<公開体験会>「減災が学べるトランプ」体験会
第一回・第二回講座修了者が講師となり、子どもたちと「減災が学べるトランプ」を実践
日時:2017年11月4日(土) 10:00~12:00
会場:常葉大学 浜松キャンパス(浜松市北区都田町1230) キトルス祭会場

体験を共有し、今後の展開を皆で考えるための会議を開催

<ふりかえり会議>
日時:2017年12月8日(金)18:30~20:00
会場:浜松市子育て情報センター

これからに向けて

今回の受講者が各自、自分の住む地域や所属団体において「減災が学べるトランプ」を使用した防災訓練やワークショップ等を行うことにより、主旨に共感した人が仲間を呼びこみ、防災教育の輪が広がるよう継続的に周知を続けていきます。また、トランプを指導に使いたい人が自信を持ってゲームリーダーとなれるよう、それを助ける仕組みづくりも考案していきます。遊ばせ方やゲームの進行に関する工夫や知恵を共有し、防災・減災を伝える場で有効なツールとして末永く使用して貰えるよう、「減災が学べるトランプ」を育てていきます。

実施期間

平成29年7月~12月

事業形態

自主事業(平成29年度「静岡県社会福祉協議会ふれあい基金」助成事業)

事業記録

ぴっぴの防災ブログ:防災教育プログラム&教材の開発

TOP